クラスTシャツ、サッカーや野球などスポーツ系で極める

クラスTシャツ、サッカーや野球などスポーツ系で極める

ラグラン袖のTシャツやユニフォームなど、野球系のクラスTシャツは以前から人気がありました。最近は野球系に加えてサッカーユニフォームの人気が高まるばかりで、各国代表チームや欧米の強豪クラブのユニフォームに似せたデザインのクラスTシャツもよく見かけるようになりました。
 
ユニフォームは背番号や背ネームを入れるように元々考えられているので、クラスTシャツとしてはちょうどいいボディーだと言えます。クラスの一体感を表現する意味でも、スポーツ系ユニフォームは最適なのです。
 

クラスTシャツ・野球系

野球系クラスTシャツの人気は衰えることを知りません。ベースボールシャツは、野球というスポーツが日本に根付いたことからも分かるように、日本人の生活に、既になじんでいると言って良いでしょう。シンプルで、既にアメカジ的雰囲気を持っているため、ダサいクラスTシャツは許せない、こだわりのクラTラバーにとって、もはや必須と言えるのが野球系クラスTシャツです。
 
  • ベースボールシャツ
クラスTシャツ用のベースボールシャツ。プリントショップによって取り扱いのボディーは違いますが、基本的には「ホワイト×ネイビー」「レッド×ネイビー」「ネイビー×ホワイト」「グレー×ネイビー」「ブラック×ホワイト」などのシンプルなものが多いようです。フロントは胸にロゴやメッセージ、バックには背番号と背ネームを入れれば十分に仕上がります。ベースボールシャツは女子が着るととてもキュートなアイテムになりますね。
 
ラグランの七分袖Tシャツのことを「ベースボールシャツ」と呼ぶことがあります。ラグラン袖は野球ユニのアンダーシャツにも使われているので、こう呼ぶことも納得ですね。
 
このラグラン袖のTシャツに胸ロゴやメッセージ、背番号、背ネームを入れれば、立派なベースボールクラスTシャツのできあがりです。ユニフォーム型のシャツよりもデザイン面では自由度が高いでしょう。素材にもよりますが、ユニフォーム型の場合は使えるインクが限定されます。
 
  • 野球と言えばスタジャンも
野球場から生まれたアイテム「スタジャン=スタジアム・ジャンパー」もスポーティーなアパレルのひとつです。クラスでおそろいのスタジャンというシチュエーションはあまりないかもしれませんが、部活や春秋のイベントなら「あり」ですね。部活の父兄会の皆様にもおすすめ。デザインの自由度はあまりないので、胸ロゴと背ネームをさらりと入れておしゃれに着こなしましょう。
 
  • サッカーTシャツ
サッカーTシャツは、各国代表チームやビッグクラブのユニフォームと同じデザインのボディーが多く出回っています。
 
やはり人気があるのは強豪クラブのユニフォームです。「パリサンジェルマン」「ユヴェントス」「バルセロナ」「レアルマドリード」「マンチェスターシティ」「バイエルン」「アーセナル」「アトレティコ・マドリード」などのユニフォームをベースにしたデザインが注目を集めているようですね。
 
サッカーユニフォームの場合は、派手な柄が元々入っているものが多いので、なかなかデザインでオリジナリティーを出すことは難しいのが実情です。無地やシンプルなデザインのタイプを選べば、オリジナルで入れるデザインも引き立つでしょう。サッカーTシャツでも、クラスTシャツならではの個性を出したいのであれば、シンプルデザインのユニフォームを選ぶと良いでしょう。
 
  • ホッケーシャツ
北米では絶大な人気を誇るアイスホッケー。アイスホッケーのユニフォームのような特長を持つのが「ホッケーシャツ」です。アイスホッケーは防具を着けてプレーします。ホッケーシャツは防具の上から着るため大きめにできていますが、その大きめ感が味わいです。
 
古着のホッケーシャツはアメカジの定番アイテムとして人気ですから、おしゃれが約束されたクラスTシャツ用ボディーと言えるのではないでしょうか。ところせましとデザインを並べるのでは無く、シンプルな胸ロゴ、背番号と背ネームでデザインすると良いでしょう。
 
  • バスケットボールクラスTシャツ
ノースリーブTシャツをベースボディーにセレクトすれば、バスケットボールのユニフォーム風のクラスTシャツを作ることができます。ロゴやナンバーは大きめにデザインすると、よりバスケっぽく仕上がります。
 
  • スポーツユニ系クラスTシャツの背番号
野球やサッカーなどのユニフォームを模したクラスTシャツには背番号がつきものです。必ずしも番号である必要は無いのですが、やはり背番号は見栄えという意味では重要な要素でしょう。その背番号ですが、意外にも、その番号を決めるのに悩んでいるクラスが多いようです。そこで背番号を決めるアイデアを考えてみました。
 
  • 性格や趣味、その他諸々、背番号で個人を表現しよう
クラスTシャツの背番号は、生徒それぞれが違う番号を背負うのが普通です。そのため背番号は、その番号を背負う個人のアイデンティティーを表現してみると良いでしょう。単純に出席番号で決めるのは…ぜんぜん個性的じゃないですね。
 
クラスTシャツの大きな目的に「クラスの一体感」を作り出すことがよく挙げられますが、その一体感を作り出すメンバーは、それぞれが違う性格を持つ個人です。個性が集まって一体感を作るのです。そのためクラスTシャツは個性的で無ければならないのです。
 
個性を語呂合わせなどで表現してみてはいかがでしょうか?
 
肉(29)が好き
将来、警察官を目指している(110)
サブロー(36)
4649…
 
クラスTシャツの背番号は、とことんクリエイティブに、とことん楽しく決めましょう。
 
  • 背ネームもクリエイティブに
クラスTシャツの背ネームも、背番号同様、クリエイティブさを失ってしまってはいけません。背ネームは本当の名前でなくてもかまいません。背ネームも背番号同様、個性を爆発させる場所として有効に利用しましょう。
 
背ネームは、自分で主張したいことをストレートに入れると光ります。ウケ狙いでも、自虐ネタでも良いのですが、真ん中高めの直球が当たりやすいですね。
 
どうしても考えられないというのであれば、しかたがないのでアプリの手を借りましょう。
クラスTシャツの名前ったー
https://shindanmaker.com/236747
 
  • SNSはクラTネタ探しの宝庫
賢明な若者は既にトライしているでしょう。TwitterやInstagramなどのソーシャルメディア(SNS)は、クラスTシャツのネタがゴロゴロと転がっている宝庫です。いつものようにハッシュタグを入れて検索すれば、使えそうなおもしろいアイデアがたくさん見つかるでしょう。
 
#クラスtシャツ
#クラt
#背ネーム
 
などなど、どんどん検索してみましょう。
 
  • スポーツ系クラスTシャツは青春だ
野球やサッカーユニフォームなどを中心としたスポーツ系のクラスTシャツは、そもそもチーム向けにデザインされているため、一体感が出しやすいでしょう。
 
ベースボールシャツやサッカーユニなどは、普通のTシャツボディーよりは少し値段が高めになりますが、その分ライバルに「違い」を見せつけることができるかもしれません。ラグランスリーブのTシャツをベースにすれば、リーズナブルにベースボールユニフォームっぽいクラスTシャツを作ることができます。
 
でも、やはりクラスTシャツで違いを作るのは、オリジナリティーのあふれるメッセージです。背番号や背ネームで各メンバーの個性や思いを表現することで、クラスTシャツに命を吹き込みましょう。


学校関係者専門クラスTシャツ製作|ノーブル